ファンシーラット

【ご紹介】魅力的な我が家のファンシーラットたち

るとです!

ると

今日は私の愉快な家族をご紹介☆

名前だけでも覚えていただけたら嬉しいです!

今後、我が家のペットの記事もどんどん書いていきますので、ぜひ見ていってください★

3匹の個性豊かなネズミ

私のおうちでは、こちらの3匹の「ファンシーラット」と毎日を過ごしています。

左から「なっちゅ」「おこげ」「モカちん」

(1)なっちゅ

お目目が赤くて、毛はストレートなホワイトカラー、耳が横についているダンボ耳なのが可愛い「なっちゅ」さん。

性格はというと

  • 3匹の中で一番甘えん坊
  • 穏やか
  • 自由・マイペース
  • 優しい
  • 自分の名前を分かっている
  • 他2匹といつも仲良し

3匹の中では1番懐いている子かもしれないです。部屋の中をお散歩させている時も私の膝の上によく乗ってきます。あとは撫でるとお礼に私の手をペロペロと舐めてくれます。(それがラットの愛情表現なのかな、と思っています。)

また、この子は服の中に入ってきたり、私の服をいじります。画像は、私のポケットの中をチェックしてくれているところです。

あとは、なっちゅさんは、他の2匹が喧嘩したりする中でも特にお構いなしで「ほぇ~~」っとしていることが多いです。相手に喧嘩を仕掛けに行くことも少ないです。マイペース穏やかなので「おこげ」さんと「モカちん」の仲介役さんでもあるかもしれないです。

(2)おこげ

ホワホワで柔らかな薄毛、もっちりとしたお肌、つぶらな黒目とピンと立つ耳が素敵な「おこげ」さん。種類は「ダブルレッキス」のブルーとのこと。スキニーラットほどではないのですが、見た目が「ドビー(ハリポタのあの子)」のようだと言われ、人気でもあるそうです。

この子の性格は

  • 時々甘えん坊さん
  • 食欲が1番旺盛
  • 積極的にマウントをとる
  • 1匹の時間も欲しい
  • モカちんとは良きライバル
  • なっちゅと良きお友達

この子の場合は、薄毛にもかかわらず(笑)他の2匹にマウントをとりに行くので、一番ひっかかれて傷が出来ることが多いです。

マウントとは。相手に 馬乗りになり、自分のほうが優位であること周囲に示す行動のこと。「マウンティング」ともいう。

3匹ともオスなので、やっぱり「自分が一番強いんだぞー!」と言いたくなるのかもですね。でも、激しくなりすぎると大きなケガにもつながるので、部屋で3匹をお散歩をする際はよ~く見ています。実際のマウントの様子。↓

モカちんの上に乗っています。

血の気が多く、喧嘩っ早いとこがやや困ったさんなおこげさん。「モカちん」とはよくケンカします。でも基本的にケージの中では他の2匹の毛づくろいをしてあげたり穏やかでいます。また、薄毛なので触れる側に体温が伝わりやすくあったかいので冬は2匹のホッカイロ役をかって出てくれました(笑)根本的には優しい子なのを私は知っています。

(3)モカちん

赤目とダンボ耳は「なっちゅ」さんと同じですが、鼻先とおしりが薄く茶色になっています。写真では伝わりにくいですが、毛がやや巻き毛っぽく、おヒゲも先っちょがカールしているところが愛らしい「モカちん」。ブリーダーさんからの説明はなかったのですが「ヒマラヤン」という種類なのでは、と思っています。

この子の性格は

  • 3匹の中で一番音に敏感
  • 猫じゃらしや動くおもちゃが好き
  • すばしっこい
  • ツンデレ
  • なっちゅさんと仲良し
  • おこげさんとライバル

この子もやや血の気が多く、お散歩時によくマウントしに行きます。自分より体格がよく、体重もある「おこげ」さんにも果敢に挑みに行きます

また、モカちんは3匹の中で唯一猫じゃらしを追いかけてくれる子で、私がケージを拭いているとその手を追いかけてきたりもしますね。物音に敏感でビクつくこともありますが、好奇心はかなり強い子です。

3匹の中では、あまり私に懐いていない感じがするのですが、気持ちが乗っている時には、私が触ってちょっかいを出すとその場でぴょんぴょん♪とはねて追いかけてきてくれます。「もっと遊んでー!」って声が聞こえる気がします。

以上が3匹のご紹介です。

以下は我が家にやってくるときの話です。

3匹のお迎えの話

3匹は、去年の2020年9月7日に誕生し、10月26日にお迎えとなりました。

Twitter上で見つけた素敵なブリーダーさんより、ネット上でのご紹介とお取引にて購入させていただきました。私の時は、生体3匹「2,100円(1匹700円)」+梱包代「500円」+送料1,150円=3,750円でした。(安すぎる…。)たしか「活き餌」の分類でのお届けだったかもです。普通の宅配便で届きましたが、しっかりと寒さ対策もされており、3匹のラットたちは無事に私のもとへ来てくれました。

発送される前の様子です(ブリーダーさんより頂いておりました。)

プラスチックのケースに空気穴を沢山あけてくれていて、

中にペレットと水分補給用のゼリーを入れてくれていました。

到着し、私が用意していたハウスに入れてあげたときの様子です。

(左から、「おこげ」「モカちん」「なっちゅ」)

毛の色も体の大きさも今と全然違いますよね!

やって来た当初は「なっちゅ」さんが他の2匹と比べて二回りくらい身体が大きかったので、きっとこれから2匹を引っ張っていってくれるだろう、と期待してました♪(現在は、一番マイペースで自由なネズミって感じですが、そののほほんとしたキャラクターでおこげさんとモカちんの良き仲間です笑)

ちなみに、お迎えした時が10月だったので、お外も寒くなってきてましたし、「追加でお金払ってもよいですから防寒対策しっかりお願いします!!」とDMを送ったりもしました。ですが私の心配は無用でして、お届けの際にホッカイロが段ボールの底に入っておりましたので、段ボールをあけたときにはホカホカしてました^^(ホッ

ただ、ネットでの購入となりますと今回約2日間、箱の中でずっと真っ暗でしたし、振動を感じたり恐かっただろうな、と思いネズミたちには申し訳なかったです。きっと3匹身を寄せ合って耐えてきてくれたのでしょう。

なお、現在私が住んでいるところでは、一般的なペットショップで「ファンシーラット」を見かけることはほとんどありません。5年前くらいかな?関東にいた際に飼っていた「メル君(初代ファンシーラット)」は、都会から外れた大型のホームセンターで購入しました。稀に見かけるんですよね。

ネットでは簡単に手に入りますが、一般のペットショップでは見かけることが少ないため、飼育していることも珍しいと言われます。ですが、5年前に初めてファンシーラットをお迎えし、その後ちゃくちゃくとその魅力にハマっていき、もう今ではファンシーラットの虜!!下僕です!!(笑)

もっと一般化して、ご飯やおもちゃ、ケージなど色んなアイテムがペットショップに並ぶことを願います

※ファンシーラットがどんな生き物なのか、その魅力や詳細は後日、記事としてアップします。

ただし、ネズミといえど大切な命飼育をする際は、命の大切さを重んじ、愛情をたっぷりと込めてあげられることが重要だと思います。

以上!「【ご紹介】魅力的な我が家のファンシーラットたち」でした☆

ると

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

ファンシーラット専用!おすすめのご飯☆Supreme Petfoods Science Selective Rat Food日本でファンシーラット専用のフードはなかなか見つけられず、購入できる場所も限られてますよね。そんな中、Amazonに売っているファンシーラット専用のフード「Supreme Petfoods Science Selective Rat Food (1.5 Kg)」を見つけ、与えてみたところ食いつき良好☆成分もラット専用の為、かなりおすすめです!...

ネズミ完全飼育 マウス、ラット、スナネズミ:最新の飼育管理と病気・生態・接し方がよくわかる (PERFECT PET OWNER’S GUIDES)

\オススメペレット/

ABOUT ME
ると
ると
現在無職。転職を8回経験した元看護師。HSP気質。負担を少なく働き、自分らしい生活を送るためにブログとイラストで収益化を頑張っています。小動物(主にファンシーラット・ハムスター)が大好きです。

\ポチっとして頂けると励みになります/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA