その他

【Amazonプライム・ビデオ】人生で1度は見るべきちょっぴりトラウマなアニメ映画3選

最後まで明るく楽しくハッピーエンド!

観ていて幸せな気持ちになる!

そんな暖かで平和なアニメ映画に飽きてきたというそこのあなた!

たまにはドキドキひんやりするアニメ映画はいかがでしょうか。

今日は、子どもが見たらトラウマになりそうな、大人のにとってはちょっぴりトラウマになるかもしれない作品を3つご紹介します☆

この記事の内容

紹介する作品

  • 目玉をボタンに?「コララインとボタンの魔女」
  • 幽霊と結婚?「ティム・バートンのコープスブライド」
  • 自殺をお考えの方へ「スーサイド・ショップ」

上記3作品のあらすじとレビュー記事となっています。

ご存じの方はいらっしゃいますか?

コララインとボタンの魔女

まず最初はコチラ!

‘コララインとボタンの魔女 3D’ 予告編 -Japanese- – YouTube

作品概要

この作品は、著者「ニール・ゲイマン」が2002年に出版された「コララインとボタンの魔女」というダークファンタジー小説が原作となっています。

また、この小説は、ヒューゴー賞を受賞され、日本では2003年に角川書店で刊行され、2010年に文庫化されています。

ヒューゴー賞は、SFやファンタジーの作品や関連のある人に贈られる賞です。

そして、2009年に3Dアニメとして映画化されますと同年の5月にはミュージカル化され、オフ・ブロードウェイで公演されるなど様々な分野にて人気が広がった作品です。

あらすじ

とっても好奇心旺盛な11歳の少女「コラライン」は、人里離れた屋敷へ家族で引っ越してきました。

しかし、両親はお仕事ばかりに追われ、全く構ってくれません。

暇を持て余したコララインは、おんぼろな屋敷を探検中に、封印された小さなドアを見つけます。

ドアの向こうには、現実ではありえない不思議なサーカスやワクワクするようなミュージカルで賑わう異世界があったのです。

また、その世界には現実と同じく両親や友人が存在していますが、コララインの話を何でも聞いてくれます。

とても居心地の良い世界に満足するコララインですが、彼らの目はボタンで出来ており、自分もボタンにされそうになります…

感想

私は、幼いころからコマ撮りのアニメに対し、なんとなく恐怖…というか抵抗があったのですが、ダークファンタジーな世界に浸りたくて観てみました。するとコマ撮りだからこそ、不気味さが程よく表現されていて、この作品がコマ撮りで作ったからこそ完璧なのかな、と思えるほど魅力的に感じられました。

コララインが探検で見つける小さなドア。

なんとなく不思議の国のアリスに出てくる小さなドアのように、ワクワクするような雰囲気があります。

これから始まる不思議な世界に、観ているこちらも楽しくなっちゃいます。

異世界でコララインは近隣の人たちに挨拶をして回るのですが、その住人達もまた面白おかしくて終始飽きませんでした。個人的には、サーカスにトビネズミが出てくるのでそこが可愛くて好きです。

また、この作品は声優がとても豪華だったので更に完成度の高い作品だなーと思いました。

声優さん
  • コラライン・ジョーンズ…榮倉奈々
  • コララインの母…戸田恵子
  • コララインの父…山路和弘
  • 黒猫…劇団ひとり
  • コララインの友人の男の子…浪川大輔

その他にも登場人物とキャストさんはいらっしゃいますがこの時点でかなり豪華。

異世界の彼らの目は全部ボタンで出来ており、第五人格を連想させるところも面白くて好きですね。

居心地の良い異世界ではお約束があり、ずっとこの世界にいたければ「目を塗ってボタンを付けなければならない」そんなホラーな設定も映画が進んでいく中でスリルがあり、面白かったです。

結末を見逃すな!

\この映画のオススメお供/

コカ・コーラ ゼロシュガー ラベルレス(350ml*24本入)【rb_dah_kw_9】

価格:2,016円
(2021/10/4 23:36時点)
感想(22件)

コララインと冒険を楽しむなら飲み物はコーラ一択!

\リアルタイム★1位/12種ポップコーン 甘い かわいい おしゃれ 映画 お菓子 取り寄せ メッセージ プレゼント 見舞い お返し 誕生日 バースデー 人気 お礼 贈呈 おすすめ パーティ プチギフト 送料無料/送料込

価格:3,386円
(2021/10/4 23:36時点)
感想(2件)

異世界のカラフルな感じを表現してくれる可愛いポップコーンも楽しいですね☆

ティム・バートンのコープスブライド

こちらも「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と同じくコマ撮りの作品です。

YOKOKUHEN MANIA – YouTube

作品概要

こちらはティムバートンが監督の2005年公開のファンタジーアニメーション映画です。

1993年に公開された「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と同じ(先のコララインとボタンの魔女同様)ストップ・モーション・アニメ(コマ撮り)です。

「ハウルの動く城」の時期と同じ「第78回アカデミー賞長編アニメーション賞」にノミネートし

2005年度「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞」の長編アニメ賞をとっています。

「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞」とは…

ナショナル・ボード・オブ・レビューは、映画教育プログラムの制作や、映画製作奨学金の給付など、映画の普及促進に関する活動を目的とする、民間人による非営利団体。また、例年、その年に公開されたアメリカ国内外の映画について、優秀な作品や優秀な俳優を顕彰する賞の授与も行う。

■出典:ナショナル・ボード・オブ・レビュー – Wikipedia

これこそ絶対に見るべき映画!

あらすじ

舞台となるのは、19世紀ヨーロッパ。

とある小さな村に結婚を控えた「ビクター」という貧弱そうな若者が主人公です。

結婚のリハーサルでビクターは失敗をしてしまい、独り怪しい森の中で誓いの言葉の練習をします。

しかし、その誓いの練習をしていた場所はあらぬことか、生前に結婚詐欺にあって殺された悲しい花嫁が埋められた場所だったのです。ビクターの誓いによって「花婿が来てくれた」と思い込み、よみがえる彼女の名は「エミリー」。

エミリーはビクターを死者の世界へと連れ去ります。

その後、ビクターには生きた婚約者がいることを知り、エミリーは深く傷ついてしまうのです。心優しいビクターは死者の世界でエミリーと結婚することになるのか、それとも生きた世界へ戻ることになるのか…また、悲劇の花嫁であるエミリーは、その後どうなってしまうのか…。

感想

不気味な雰囲気と絵柄に、最初は抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、観てみるとそんな気持ちを一切させない美しい映像と楽しいお話でした。

エミリーの過去が悲惨すぎることとそれでもエミリーの心が美しく、健気で涙が出そうにもなりました。

最後、エミリーが複数の蝶になり、天へとのぼるシーンはとても切ないけれど、結果的に心温まるお話だったな、と思います。

ココが好き

主人公のビクターは死者の世界で、過去に飼っていたペットと再会します。

死んでからまた愛するペットに会いたい」と思っている私には印象に残るシーンでした。

また、死者の世界でビクターとエミリーの結婚の準備をするシーンは一番盛り上がり、音楽も愉快で楽しかったです☆

なお、終盤に死者の世界の住人が正者の世界へと登場するのですが、その際に生前に一緒に暮らしていた家族や友人との再会があり、感動しました。

現在Amazonプライム・ビデオで視聴可能ですが吹き替え版はレンタルとなり、字幕のみ無料で観ることが可能です。字幕でも十分楽しめますし、ビクターの言語版声優は「ジョニー・デップ」が担当しているのです!

貧弱そうなビクターも最後は闘ってかっこよかった。

\この映画にオススメのお供/

【当店楽天人気No.1】おためしティーバッグ12p 4シリーズから選べる お試しセット 厳選 本格紅茶 ハーブティー 個包装 かわいい ギフト ポスト投函 紅茶専門店 紅茶といえばカレルチャペック

価格:1,296円
(2021/10/4 23:38時点)
感想(714件)

美しい映像に合わせて可愛いパッケージのハーブティーです☆

小説を楽しむ感覚で観れる映画なので、心落ち着ける飲み物が合いそうです。

スーサイド・ショップ

続いて、自殺用品店のお話である「スーサイド・ショップ」です。

シネマトゥデイ – YouTube

作品概要

この作品は、著者ジャン・テュルの「The Suicide Shop(ようこそ、自殺用品専門店へ)」というフランスの小説が原作となっており、パトリス・ルコントが脚本・監督を務めて2012年フランスでアニメ映画化され、日本では2013年9月7日に公開されています。

あらすじ

舞台は、灰色でどんよりとした「幸薄な街」。そこで生きる人々は皆、生きる意味を見いだせず、毎日のように自殺が行われていました。

その街では、自殺は禁止されていますが、自殺が起こることが既に日常茶飯事となっており、街のハトですら自殺をしてしまいます。

そして、そんな街にはとても人気のショップがあり、そこがこの物語の中心となる「自殺用品専門店(トゥヴァシュ家)」です。

この店では「自殺に乾杯」と言いながら、綺麗に並べられた「毒薬・首吊り用のロープ、拳銃、刃物(日本刀も)」などの自殺用品を意気揚々と販売しています。確実に死ねて、品質には自信があるというこの店の自殺グッズは、街の人々の心の支えにもなっていたのです。

そんなある日、自殺などとは無縁の天真爛漫で笑顔が可愛い子供「アラン」が生まれます。

アランは成長するにつれて自殺の手助けとなる自分の店に疑問を抱き始め、店を壊してしまおうと計画を立てます…。

感想

実は、この映画は私自身も仕事に疲れて「もう生きてるの辛い!」って思い、何か自分と同じ雰囲気の映画は無いかなーと探していた際に見つけたものです。私は、自分自身が鬱っぽい時に、同じ気持ちになれるような映画を観ると落ち着くことがあるんです。

そして、この映画を観初めた訳ですが、最初はこのダークでやや不気味な絵柄に気持ち悪くなったのですが、音楽とストーリーのテンポの良さに直ぐに話の中に感情移入することが出来ました。

印象的だったところ

自殺用品は高価なものとして売られており、お客さんが「高いなぁ」というと店主は「高くて当然。人は気やすく死ねないもの」と話します。

この言葉に、ただ自殺用品を売って金儲けをしたいだけではなく「人の命は安くはない。」と命の大切さはを知っている人たちなのだな、と思えました。

しかし、人々に希望を与えてくれる、明るく元気な子供「アラン」が笑顔でいると店主は良い反応をせず「体にいいから」と煙草を吸わせるなど矛盾したことをさせます。

自殺用品を売り、笑顔や明るい雰囲気を禁止する家族であるが、人の自殺の手伝いをすることに罪悪感を感じながら営んでいるところも謎めいており、話にどんどん惹かれていきました。

なお、自殺が日常茶飯事というショッキングな話で、この家族もまた気持ちが暗いので、当時の私の心を表現し共感してくれているようで観ていて不快感は感じませんでした。

話のカギを握るニコニコ笑顔のアランがいることで、結果的に「生きる価値感」と「生きる希望」を教えてくれて、観始めたときの暗ーい気持ちからスッキリした前向きな気持ちになれました。

死にたい気持ちの共感から明るい気持ちにまで持ってきてくれるこの映画は、人生のうちに1度は観てみてほしい作品です!

なお、現在Amazonプライム・ビデオで視聴可能ですが、字幕しかありません。吹き替えでなくても字幕でも十分楽しむことが出来ますし、字幕だからこそダークな雰囲気とマッチしています。

\この映画にオススメなお供/

アサヒ ニッカ 淡麗辛口ハイボール 缶(350ml*48本セット)【淡麗辛口ハイボール】

価格:5,750円
(2021/10/4 23:40時点)
感想(20件)

ダークでややショッキングな世界の映画なので、お酒を飲みながら見ると気持ちも楽になれるかも!仕事のストレスで、お酒の力をかりたくなる時だって、ありますよね~(笑)

ハイボール大好き!

でもほどほどにね☆

まとめ

以上3作品のご紹介でした。

何か気になる作品はありましたでしょうか?

3作品とも現在Amazonプライム・ビデオで視聴可能となっています。

ダークサイドな雰囲気と癖になる不気味さに、1度だけでなくまた時間が経った後も見たくなりますよ♪

もし、「ダークでも明るい雰囲気のが見たい」と思った方は、こちらはいかがでしょうか。

その他「確実に」トラウマになる

ミッドサマーのレビューもあります(笑)

是非見てみてください!

ここまで読んで下さりありがとうございました☆

この記事の挿絵は「イラストAC」で配布してますよ。

気に入ったものがあれば、無料でダウンロード可能です!よろしくお願いいたします。

広告

ABOUT ME
ると
ると
現在無職。転職を8回経験した元看護師。HSP気質。負担を少なく働き、自分らしい生活を送るためにブログとイラストで収益化を頑張っています。小動物(主にファンシーラット・ハムスター)が大好きです。

\ポチっとして頂けると励みになります/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA