お仕事

10年で8回転職した話

こんにちは、転職のプロ「ると」です。

私は、21歳で看護師になり、

その後直ぐにうつ病となりまして、

約1年間のニート生活を味わいましたが、

気が付いたらもう8回転職をしていました!!

最初は転職を繰り返すことに罪悪感を感じておりましたが、

今はもう気楽になってきちゃいました。笑

この記事を読めば、

転職は悪いことじゃない!」と思えてきて

「転職する勇気」がでてきちゃうかも!?

では行ってみましょーーーー!

1回目 先輩看護師につぶされました

国家試験に見事合格し、ついに私も看護師さん!

しかし、私が配属された病棟は、

一番「地獄」な場所と噂の病棟でした…

転職の原因

  • 院内で「いじわる」と噂される30代看護師がいた
  • その看護師が中心となっていて、病棟の空気がいつも重く、ピリついてた
  • 新人看護師がそばにいる前悪口(「ちょっと~聞こえてるよ?」)
  • 慢性期~終末期の患者さんが多く、元気に退院される患者さんが少なく、自分も元気がなくなってしまった
  • 頑張っても認められず「新人看護師は怒られるのが当たり前」と笑顔で言われた

わずか3か月で私の華々しい新人看護師生活は終了!!たった3か月働いただけなのに、あの病院を思い出したり、職場までのルートを歩くだけでドキドキしてしまい、病院を見るだけで過呼吸になる体になってしまいました。

退職方法

  • とにかく休みました
  • メンタルがやられていたので精神科へ行き「うつ病」の診断書を出してもらいました
  • 家族の助け

心が病んでおり、一人では何も判断ができなくなっていたため、看病をしてくれる母がいたのが幸いでした。

第2回 施設長につぶされました

約1年間のニート生活を終えて、

やっと働けそう!と回復してきた23歳。

私は自宅近くの老人介護保険施設へ就職。

しかし、そこでも私の看護師ライフは

長く続きませんでした。

転職の原因

  • 看護施設長の機嫌に振り回された
  • 「泣けばいいと思ってるの?」とおばさん看護師に言われた
  • 夜勤で看護師1人で100人の利用者を診なければいけなかった
  • 危篤状態の利用者さんが数人いるのにモニターが一個しかなかった
  • 介護士同士の不倫
  • タバコ吸わないとやってられないところだった
  • 男性介護士から体の関係を求められたから

とにかく、23歳の私には何もかもがあり得ないほど「汚い」世界だったなと思います!!

退職方法

  • ある夜勤の日を勝手に「退職日」と決めた
  • こっそり「退職届」を事務室の入り口に置いて帰りました
  • 前日までにロッカー内の荷物はキレイさっぱり持ち帰ってました
  • 職場から何度か電話が来ましたが、電源を切ってました

どえらい迷惑な辞め方をしてしまいましたが、私の退職作戦はそこまで大事にならず済みました。

しかし、当時の私はめっちゃビビってて、

いつ私を回収しに来るか不安でいっぱいでした。

第3回 姉が恐かった

県外で働く姉の紹介で「美容系クリニック」へ就職しました。

ちなみ姉も同じく看護師なのですが、私と違ってお仕事がバリバリできる「ザ☆看護師さん」です。

転職の原因

  • 姉の教え方が恐かった(厳しい)
  • 姉と2人暮らしが辛かった(毎日とても気を遣いました)

姉が紹介してくれて、アルバイトのような形で

働かせてもらったのですが、

姉の機嫌が悪い時の態度が本当に恐くて、

私は耐えられませんでした。

仕事でも一緒、帰る家は姉の家、ずーっと一緒だとこんなにも辛いのか、と姉妹なのに仲良くなれないことが悲しかったです。

退職方法

  • よく覚えてません。(笑)

ちゃんと満期終了して辞めたのか、

それとも「もう無理帰る!」で地元に帰ったのか私の中でそこの時代の記憶があまりないです。

第4回 仕事大好きマンになれず・・・

地元に帰ってきた私は、

その後も美容系クリニックに就職。

給料も通常の看護師よりはるかに高く、ずっと働けたら奨学金もすぐ返せるな、と嬉しく思ってました。

また、綺麗になるためのお手伝いができるのは、自分自身のためにも良いことだな、と

すごくやる気がありました。

しかし、それも長くはもちませんでした・・・

転職の原因

  • 前向き思考が強すぎたため
  • 仕事大好き!!な方が多く、終電に間に合わないほどまで勉強させられた
  • 飲みにケーションが多かった
  • 残業が多すぎた

脱毛や美容の外科的手術の介助もさせてもらい、手先は器用な方なのでそこそこ上手く出来ていたとは思いますが、職場の体育会系な雰囲気が私には辛すぎました。

退職方法

  • 辞めたい旨を伝えました
  • 後日、こっそり職場へ行き、こっそりと退職の手続きを済ませ、こっそり退職でした
  • 退職する際「あえて、何も言わないね。」とだけ言われ、帰されました。

すぐに辞めたので呆れられたのでしょう。

もう過ぎた話なのでどーでもよいことですが、あの言葉だけ心に残っています。

スポンサーリンク

第5回 元彼の辛い言葉が私を転職へ!

25歳頃、当時お付き合いしていた彼と同棲をすることになりました。

そこでは、とある大きな総合病院へ就職し、

看護師ではなく医療事務員として働きました。

看護師から離れたかったんです。

転職の原因

  • 彼氏からのツライお言葉

彼とは7年付き合っており、婚約もしており、結婚も考えていました。

彼は、私がうつ病でツライことを家族以外では、一番よく知ってくれていたのでですが

ある時喧嘩をしてしまい、その際に

今まで看護師としてちゃんと働けたことないくせに」と言われてしまいました。

本音が漏れたのでしょうね。(悲

退職方法

  • 社則通り1か月前に届けを出し、辞めました。

彼とは仲直りしましたが、あの言葉が彼の本音なのだな、と思うと気持ちは完全に冷めてしまい、なんなら「じゃあ看護師やってやるから見とけよな!!」的なことまで思えるくらい、元気になっていたので、別れて地元へ帰りました。

第6回 長く働けたけど辞めました

その後26歳の私は、実家から程よく近い小さなクリニックへ就職しました。

なんとそこでは3年以上働いていました。

(元彼の呪いが私を続けさせたのかも)

内科、胃腸科が主としたクリニックで、胃カメラを扱うこともあり沢山のことを学びました。

転職の原因

  • 医師と意見が合わず、何度もバトル
  • 医師が仕事しない
  • 残業代が出ない
  • 院内にアリが大量に発生する
  • 看護師以外の仕事をさせられる
  • 給料が安い

スタッフ間の人間関係は良好でしたが、医師とだけは誰も気が合わず、皆苦しんでいたと思います(笑)

あとアリんこ発生はいかがなもんかと…

このアリさんはかわいい

退職方法

  • 社則にのっとり、1か月前に申し出て辞めました

医師からはしつこく「なんで辞めるの」と言われましたが、正直なことは言えず「結婚」と言って辞めました。(笑)

寿退社、夢でした(笑)

第7回 過去1番稼げたけど辞めました

29歳となっていた私。

また美容系の看護師になりました。(美容にまた興味を持ったので)

レーザー脱毛専門の看護師です。

給料が手取り40万!と高く、自分もきれいになれて最高か!でも辞める日は急にやってきました。

転職の原因

  • 機械が重くて腰を痛めたため
  • ずっと機械を握っていて、腱鞘炎とバネ指になってしまったため
  • 1日12時間、職場にいないといけないような勤務体制だった。
  • 帰ってくるのが遅く、生活リズムが崩れた

あ、私はもう若くないんだな!

とシンプルに思いました。(笑)

あと、みんながおうちに帰ってゆっくりと夕飯を食べてる時間に、働いていたくなかったんです!

自分の気持ちと体を大切にしましょう。

なお、腰痛は今でも引きずってます…

退職方法

  • 電話で「退職します」の一言
  • 本部の事務員もあっさりOKでした
  • 郵送で退職届を出し、職場へは置手紙

同僚とは仲もそこそこ良かったのですが、

職場は人出不足でもあり、皆自分にいっぱいいっぱいな感じだったので面と向かって挨拶できませんでした。

申し訳ないと思いつつも、結果的に辞めれたのでよしとします。

第8回 シンプルに・・・無理

看護師はもうやりたくない。

本格的にそう思い始めました。

と、いうことでなんでもいいから他の仕事に就こうと思い「コールセンター」へ。

はい、ここからまた地獄でした。

なんでコールセンター選んだのかなー笑

【実録】高時給バイト☆コールセンターのここが大変&辛かったこと!!高時給バイトなコールセンターに興味がある人へ、実際のコールセンターで大変だったこと、辛かったこと、向いてる人向かない人の情報をお届けします。これを読んで少しでもお仕事探しの判断材料にして頂けたらと思います。...

転職の原因

  • 電話対応がシンプルに恐い
  • メール対応も文面が恐い
  • 長時間の椅子も腰痛い
  • 毎朝の通勤ラッシュがきつい
  • もはや仕事そのものに嫌悪感
  • 無理!!!!

コールセンターってこんなにもお客さんが理不尽で恐くて汚い言葉を使ってくるのかー、と驚きの連続でした。服装も髪色も自由でしたが、その代わりに仕事上にてその代償は大きかったのです。

退職方法

社則にのっとり辞める1か月前に申し出ました。

しかしながら、会社の人員不足という都合にて約2か月後に退職となりました。

しかし、ちょうど有給が発生する時期だったため、有給も全部消費して辞めさせてもらいました。

(本当にメンタルも辛い時は、社則にのっとったうえで無理やり辞めてしまっても良いかと思います。)

最後に・・・

就職と退職についてのザックリとしたエピソードは以上です。

私の転職退職話はいかがでしたでしょうか。

ろくに働きもせず、繰り返した就職と退職。

でも、どの仕事も私は将来のために!!と頑張って就職し、できるだけ長く働きたいと思っていました。

でも、自分のHSPな部分うつ病な部分もともとの性格もあり、なかなか長く働けませんでした。

生きにくいなぁ~って思います。

人生はまだまだこれからですし、次はあまり働かなくても済むような生活を手に入れて見せます。(笑)

そのためにも今はブログをやったり、

節約を頑張ってみたりしています!

■私と同じくブログを頑張りたい方にオススメの記事

オススメ記事

わたし的結論

今の仕事が辛いなら、辞めてもいい!

意外と何とかなる。

転職を繰り返していても、私が食べるご飯はおいしいです!!(笑)

いやな仕事を続けて苦しみ続けるのは、

もう嫌です。自分に正直に生きていきます。

ると

ここまでよんでくださり、ありがとうございました!

ABOUT ME
ると
ると
現在無職。転職を8回経験した元看護師。HSP気質。負担を少なく働き、自分らしい生活を送るためにブログとイラストで収益化を頑張っています。小動物(主にファンシーラット・ハムスター)が大好きです。

\ポチっとして頂けると励みになります/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA